T.M.Y's

T.M.Y's

皮革の機能性とカラフルさを目指し
鮮度の高い企画を提案

Scroll

お客様へ

私達の会社は、主にシープのスエード革を染色して販売しています。
常時100色ほどの在庫を揃えて、1枚からでもお客様に提供できるように日々努力しています。
最近では、これらのシープスエードに、フィルムや箔を貼ったり、型押しをするなどデザイン性を高めた革を制作しています。
さらに、エナメル加工に、シュリンクやパールを加えたり、絞って革の表情を変えるなど、個性的で注目される革も開発しています。

チャレンジしようという
活気が溢れる工房

印象的な社名は、実家の革メーカーを独立した兄弟の名前の頭文字で、11年前に立ち上げた会社は、社長を始め”新しいことにチャレンジしよう”という活気が工房に溢れている。
ティーエムワイズではビッグレザーのみならず、風合いや色出しにこだわったシープのシルキー素材が充実し、カラーは全部で100色が揃う。工房では、フィルム・箔貼り、塗装、オイル入れ、ワックス、パール加工など、様々な革の仕上げ加工が得意。
「最近のトレンドでは二次、三次加工だけでなく、更に型押しし、洗いを施すなど、更に加工を重ねているのが特徴ですね。」と当社社長の渡邊は話す。

機能性と
カラフルさを目指して

いま力を入れているのが、他社で手がけていない新しい切り口の素材開発だ。例えば”抗菌の革”や”日光に当たると色が変化する革”など、機能性に秀でていながら且つ華やかなカラーのものを追い求めている。
とはいえ10回チャレンジしても、良くて成功は2回程度。それでも当社社長の渡邊は「こんな薬品を入れたらこうなったという変化が面白い。毎日が楽しくてしょうがないです。」と笑う。ユニークな企画を問屋へ持っていき、喜んでもらえることが何より励みとのこと。
自分たちのメイドインジャパンの革を製品化して海外へ輸出するのが夢、と嬉しそうに話す。

若手社員を
革のプロに育てる

年2回のリネアペレ展示会には必ず社員を派遣し、レザートレンド情報を仕入れている。新しいチャレンジが生まれるのはイタリアからの情報がタイムリーに入っていることも大きい。若い世代にチャンスを与え、女性スタッフから見た感性も積極的に取り入れながら、鮮度の高い企画を打ち出すのがティーエムワイズらしさだ。

交通のご案内

電車:京成押上線 都営浅草線直通 八広駅下車 徒歩約15分

※各駅停車にご乗車下さい。

車:首都高速 四ツ木ICから約5分